忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

あゆみの徒然日記2

旧ブログから全記事引っ越し完了!
基本Twitterが主力。
気になったものは見つけたら即つぶやきます。
twitterアカウントは @ffayu
teitterログはここをクリックして見れます。(リプなしログ)

「逆転裁判6ミステリーラリー」京急編にいってきました(ネタバレなし編)

6/9からCAPCOM×京阪×名鉄×京急
「逆転裁判6ミステリーラリー~友好の証~」
が開催されます。
今回は3つの鉄道でそれぞれ違う内容の開催となっていますが、
自分は京急のミステリーラリー(6/9~7/31開催)に参加してきました。
ちなみに終了期間は各3社で異なりますのでご注意
京急のサイト告知詳細
前回の『逆転裁判5』から3年ぶりのミステリーラリーです。
ちなみに前回の記事はこちら

今回もネタバレなし、ありの2つに分けてブログにまとめておこうと思います。
ネタバレありは8月になったら書きますので、
今回はネタバレなしのラリーの行程について書いていこうと思います。
ポスターなど画像はクリックで大きくできますがネタバレはモザイクしています。


今回のミステリーラリーはまず「よこすかグルメきっぷ」を購入し、
京急「横須賀中央」駅の改札横の窓口でその切符を提示して、
ラリー弁護士手帳とノベルティグッズをもらうことから始まります。
「よこすかグルメきっぷ」のフリー区間は、
京急「汐入」駅から京急「浦賀」駅ですが、
自分は京急沿線外から参加したため、
京急「品川駅」で下記のような「よこすかグルメきっぷ」を購入しました。

この切符は「行き、フリー区間+帰り、食事券」の全部で3枚つづりになっています。
(上の画像は行きの1枚のみです)
前回と違って「ミステリーきっぷ」のような
逆転イベント専用の特定切符がないので、
購入の際は注意が必要です。
「品川」からラリー開始になる「横須賀中央」までは特快で50分くらい。
現地までが結構長い…
「横須賀中央」で「行き」のきっぷは回収となり、
改札横の窓口で「フリー区間+帰り」の切符を提示すると、
「済」の押印とともに
「ラリー弁護士手帳とノベルティグッズ(クリアファイル&ステッカー)」
がもらえました。
(こちらの手帳とノベルティは先着3000名の配布です)


さて、それではラリー出発!
ラリーで使用する電車は平日の日中で大体10分おき間隔で走っていました。
こちらは駅ホームにあったミステリーラリーのポスターです。
今回も★のついている4駅を回ってゴールの「浦賀」駅に報告に行くことになります。
弁護士手帳はこんな感じで、
(モザイクをかけています)
ボクト・ツアーニに掛けられた窃盗の容疑を晴らすために、
各地を回って証言者のムジュンを探し出すことで、
真犯人を見つける流れになります。
ではラリー出発!
こちらのヒントポスターは「県立大学」駅改札外で撮影しました。
(モザイクあり)



前回同様ここに記載された会話から、
証言者の矛盾と今回の犯人を推理していきます。
 
今回も右下の紫の部分に「暗号」があるので、
このキーワードも手帳に記載していきます。


次は「堀之内」駅
こちらは改札付近の駅構内にありました。
(モザイクあり)
ここから次の「京急大津」駅へは本線の「浦賀」行きに乗ります。
久里浜線の「三崎口」行きと路線が2つあるのでお乗り間違えの無いように!


次は「京急大津」駅
こちらのパネルをみたあと少しお外に出てみました。


前回のラリーで坂本龍馬の像が出てきましたが、
今回はその妻「おりょう」のお墓がある駅です。
これはなにかありそう…ということで次の駅に向かいます。


次は「馬掘海岸」駅ですが、
この駅にはラリーのヒントポスターはありません。
この駅で降りて、路線バスに乗って
「観音崎京急ホテル」へ向かわなければなりません。
バス停は駅を出て信号を西友側に渡った徒歩2分ほどにありました。
パスは1時間に2、3本(20分に1本程度)で、
路線は2つあるうちの「観音崎」行きに乗りますのでご注意ください。
バスで10分弱程度で「観音崎京急ホテル」につきます。
バス停を降りたら20mほど進行方向から戻るとホテルの入り口があります。
青の★参照

こちらのヒントはホテル内フロントの近くです。




そして再び「馬掘海岸」駅に戻ります。
この時のバス停はホテル入り口の前にあるバス停から折り返しました。
ここの所要時間でラリーの時間に差が出てくると思います。
自分の場合は行きはバス15分待ちでしたが、
帰りは2分待ち程度で乗ることができました。


そして弁護士手帳にすべての記載をして最後の「浦賀」駅へ。
こちらは改札内から駅員窓口に入れるので、
改札で答えを記入した弁護士手帳を見せると、
こちらの認定証がもらえました!



自分の所要時間はラリー開始からは1時間半程度。
品川からだと2時間半近くでちょっと大変…


このあと「グルメきっぷ」の食事券でハンバーガーを食べるため、
お店の集中する「横須賀中央」駅に向かったので、
食事時間なども含めると、
品川からラリーをして品川に戻るには
最短でも4、5時間はかかると考えた方が良さそうです。
 


そして「浦賀」駅でもらった解答編
文面は隠しています。
 
解答の下にはキリトリでプレゼント応募が出来るようになっています。
こちらの応募箱は改札内の横にあります。
そしてこの解答編の裏にこんな記載が…
3路線制覇はムリー><w
でも黒幕気になりますよね…制覇した人教えてくださいwww
 
今回貰ったノベルティのクリアファイルとシールはこちら。
京急はオドロキくんがメイン。
ファイルは透ける素材で表・裏はこんな感じ。


名古屋と京都か…いきたいけどやっぱきびしいなぁ…orz
さて、ゲームも届いたし、FF14おちついたらがっつりやろう><

拍手[1回]

PR

TGS2014 ビジネスデー1日目(一般日用メモ)

TGS2014 ビジネスデーに行ってきました。
なんか思ったより時間なくてあまり見れなかった><

この日のつぶやきまとめはこちら

一般日も参戦予定なので、
一般日用としてSQEX/FF系と
大逆転裁判をたのしむコツ?をメモします。


SQEXブース入場口のある建屋の中央だが、
隣がCAPCOMブース。
メガシアターとCAPCOMのステージブースが隣り合わせなので人滞留注意
パンフ配布は真ん中通路側で3か所くらい。
メガシアター付近に在庫置いていました。


メガシアターPVは大体20分くらい流れる。
前半にFF14、後半にFFEXKHHD2.5、終盤零式HDアギトラストにFF15の構成。
中盤の乖離性MAは水樹奈々さんの曲たっぷり聞けた。
3594っていうシアターRPG、曲はGA●KT?っぽいので声も…???


FF14試遊は壁側の方が入口。
壁側階段上から撮影。こんな感じ。
(松田社長インタービューされてた)

ラムウ討伐ビジネスでも200分待ちとかあった><
1回で8人PTで2チーム(試遊数16人)がプレイ可能。
大体操作設定、待機に5分、ラムウ討伐12分なので20分周期で入れ替え。
弱真ラムウ設定で、初見・未プレイ者がPTにいても、
シャツが持って帰れるように調整してますとスタッフさん。
(自分のプレイ時点でクリア率100%)
一般日用に整理券が用意してあったのが見えたので、
配布するかも。

PvPはディーエヌエーブース側の通路に待機列。
スクエニブースは8人の双蛇党チーム8人PTのみ。
お隣建屋(4-6HALL)のエイリアンウエアブースで、
黒渦団、不滅隊の2チームがプレイ。
エイリアンブースの方が待機列が少ないので、穴場。
(というかスクエニブースであちらに並ぶと早いと言われました)


FFEX、FF零式HD、KH2.5試遊入口は真ん中の通路側。
各試遊は15台位(目測です)で10分入れ替え。
(ビジネスでの待機は15分くらい)
零式しかプレイしてないですが超美麗!
零式はPS4とXBOXの試遊台がありましたが希望を選べません><
自分はXBOXone試遊機だったのでボタン操作に泣いた><


スクエニ物販は一番奥の建屋(HALL7)
物販優先なら入口から遠いけど奥まで一直線。

グッズはいつも通りオーダーシート記入式で、
PAディスプレイ→小物展示→会計の流れですが、
PAのところで滞留して混みそう><
FF7AC原型きてました!

お写真はあろっくさんのブログがオススメです!
美麗お写真がいっぱいです。
http://marshallalloc.blog90.fc2.com/blog-entry-908.html

音楽は会場限定CDの追加有り。
ディシディア絵で曲もタップリで嬉しい♪
(帰りに聞いていたw)
レジはグッズも音楽も5つくらいはあったけど激混み必須かも><


大逆転裁判(CAPCOMブース)
ステージスケジュール(ステージは別の場所)があるので、
時間を把握して並ばないとステージ見逃す><

シアター鑑賞は全20分の3部構成ムービー。
暗所での立ち見になります。

・1部は待機列のモニターでも流れているPV
あの人の祖先がちらっといるw
声付き!(声優さんに疎いけど、龍之介の声が梶さんに聞こえた)

・2部は開発者コメントで新システム共同推理の説明があります。

・3部が特別法廷風のミニ劇場で声付き!
キャラの性格とかが伺えるカンジ。

なんだか他のブース全然いけなかったので、
(P5のPV見れなかったよ><)
一般日に向けて他ブースもチェックしておきます><

拍手[0回]

トロのおみせ at 新宿マルイ アネックス に行ってきたよ

5月の下旬に5月16日~6月4日の間で新宿で行われたトロみせに行ってきました。

お店の正面ではトロクロがお出迎え。



http://www.jp.playstation.com/dokodemoissyo/info/20140509.html

今回は他のプレステゲームのグッズコラボもあったのですが、
開催の初めの方で結構売り切れグッズもあったりして、
行ったときには入荷待ちのモノが多く…
出遅れてしまいました><

今回はトロに続くSCEのゆるきゃら?
トルネフグッズやクログッズがあった様ですが、
やっぱり売り切れ…orz

他にはソルサク、ワイルドアームズ、ピポザル、GRAVITY DAZE、
フリーダムウォーズ、俺屍などなど…

余談ですが、SCEゆるきゃらと言えば、
昔「森川君2号」っていうキャラがいましたね…
あれはなかったことになってるのかしら…w

そんな訳で、
今回グッズの方はお目当てが買えなかったので割愛…

今回は隣のカフェでスイーツコラボをしていたので、
こちらを食べてきました!
店員さんが英国風メイド服でかわいかった…!

こちらトロのケーキ。カワイイ…
中にはマンゴーが入っていました。


こちらはパフェ。
フルーツたっぷりで見た目も涼しげ。


こちらはカフェメニューについてきたおまけコースター(緑と橙のもの)といろいろ。


コースターは布製のしっかりしたもので濡れても丈夫なカンジ。
このおまけはSCEキャラを含めた9種のから選べましたが、
そこはやっぱりトロクロでw

一緒に写っているのは、
トートバックとクロ目当てで回した缶バッチガチャ。

くぅ…クログッズ欲しかったな…

拍手[0回]

SAYONARA国立競技場 JAPAN NIGHT 2014 Day2 に行ってきました(ラルク記事のみ)

国立競技場は3月が最後と思っていたら、
最後のイベントにラルクの出演…w

またもやFC先行にハズレてやさぐれていたんですが、
お友達に救われて(?)ラルクを見に行ってきました!

この日は4アーティストの出演で
MAN WITH THE MISSION
→ SEKAI NO OWARI
→ Perfume
→ L'Arc~en~Ciel
の順で公演。

大体1組30分の持ち時間(5、6曲くらい)でしたが、
ラルクはちょっと長めでした。

こちらがセットリスト。

1 CHASE
2 READY STEADY GO
3 DRINK IT DOWN
4 XXX
5 BLESS
6 HONEY
7 Driver's High
8 Link
9 MY HEART DRAWS A DREAM

セトリもビジュアルも3月のライブと似た構成ですが、
9曲もやってくれるのはうれしかった!
(3月の記事はこちらを参照 http://ffnoayumi.or-hell.com/Entry/357/ )

それから会場ではLEDサイリウムが渡されたんですけど(退場時返却する)、
仕組みが3月と同じで無線による色制御を行っていました。
Perfumeとかステージが派手だったし、
今回も会場がライトで煌めいてとても綺麗でした。


今回のセトリはシングルとはいえ
「DRINK IT DOWN」だけ雰囲気が異色な感じですが、
ファン向けかな…?
私は大好きな曲なので嬉しかったけどw

「MY HEART DRAWS A DREAM」 の合唱は
3月と同じくhydeさんはマイクなしで叫んでて感動…

MCはhydeだけでラストにtetsuyaがピック投げの「まったねー!」だけ…
kenちゃんトークはナシでした…

個人の写真撮影はNGだったので、メディア記事をご参考ください。
http://www.sanspo.com/geino/news/20140530/oth14053005000006-n1.html

拍手[0回]

ペルソナQ体験会(東京2日目)に行ってきました!

世界最速!と言われてますが、
既に「名古屋、東京1日目」の体験会が行われているので、
最速プレイではないのですがw

本日東京2日目の体験会に当選することが出来ました。

最近はFF14ばかりでしたが、
ペルソナQをガッツリ5時間プレイしてきました!

といってもネタバレとゲーム写真はNGだったので、
概要とシステムの所感だけ書いていこうと思います。


都内某所の貸スペースで行われた体験会。
会場はペルソナQ一色で彩られていました。
(写真はクリックでちょっとだけ大きく見れます)



上の写真の椅子とテーブルが体験スペースです。

各席は抽選で、隣の人などを気にせず
広々とプレイが出来ました。
参加者は10数名といったところでした。

こちらは先着購入特典のCDのサンプルの裏表。


開いたところ。



このデザインとってもかわいいですね。

ちなみにゲーム中の音楽は
(注:P4パートだけしかプレイしていません…)
P4のオリジナル&新曲が混在。
音楽の世界観もそのままだったので違和感なくプレイが出来ました。
目黒さんの音楽ホント好きだな…


さて、ゲームの方ですが、
画像が無いのでイメージとしては、
こちらの最新のPV見てもらった方が良いかも。


私はP4しかキャラが分からないので、
P3ルートではなくP4ルートで始めました。
また世界樹もプレイしたことがありませんので、
その辺り知っている方は変なレビューと思われるかもです。
ご了承ください。


私がプレイしたのは最初のダンジョン「不思議の国のアナタ」の3層途中まで。
大体1層をマップ埋めをしていると、
戦闘なんやらで1時間はかかる感じです。


えっと、「不思議の国のアナタ」というのは、
八十神高校文化祭にある出し物喫茶の名前なんですけど、
PVにもある時計台の出現に伴い、
異世界(?)になった高校の出し物喫茶に行ってみたら、
シャドウが出るダンジョンと化していたので、
更に進んでみんなで調べようという流れ。

またこのダンジョンでペルソナQのオリジナルキャラ、
「善」と「玲」に出会います。
彼らもこの異世界からの脱出を試みていたので、
P4メンバーと行動を共にすることになります。
公式のキャラ紹介にある記憶うんぬんはこの時に語られます。


プレイ開始からの冒頭20分位はストーリーの導入なので、
P4キャラがしゃべるしゃべる。
もう微笑ましいし、懐かしいし、
完二、陽介はいじめられキャラだしw
ああ、P4って青春だよね、みたいな。

とにかく主要キャラは全員しゃべります。
スキップ機能はありますが、
キャラ同士の会話はじっくり聞いてしまいますw

ちなみにバックログ機能もあるので、
うっかり飛ばしてしまっても、
バックログでたどったり音声再生も可能でした。

選択分岐もあるみたいだし、
セーブして各会話を聞きたくなってしまいます。

それからセーブはメニューからOKですが、
ダンジョン中は中断セーブのみで、
再開したら中断セーブ消えるパターンでした。


ストーリーパートは上画面のみで、
下画面で一応タッチペン(送り)も使えますが、
タッチ箇所が決まっているので
基本はオート再生かボタン操作が良いのかなと思いました。
ここ、のちのダンジョンパートで面倒になります…


ダンジョンですが、
上画面にダンジョンが3D表示されます。
キャラは表示されません。
懐かしいメガテンのダンジョンですねw

で、下画面にはマッピングが表示されるようになります。
(話を少し進めると出来るようになる)

マッピングは上記のPVにも紹介があります。
マップ埋めは大変だけど楽しいです。
マップ100%じゃないと開けられない宝箱もありました。

また、2層ではゲームコイン(DSの機能)を使わないと開けられない宝箱もありました。

オートマッピングはルートのみなので、
扉、階段、行き止まりや一方通行の抜け道などは
自分でアイコンを設置して見やすくしていく感じです。
自分のメモマップを作っていくのは結構楽しかったです。

ですが、ダンジョンの移動は右手のボタン操作、
マッピングのしるし付けは右利きでタッチペンなので、
3DSを持って操作しつつ、
気になったところはペンでマーク…
DSを持ったり置いたりが面倒でした…
(単に自分が持ちながらマークするのが出来ないだけなんですけど ><)


戦闘ですが、
P4の戦闘とほぼ変わらずですが、
話を進めると今回は番長だけではなく、
陽介たちサブキャラもペルソナを2つ付けることが出来ます。

例えば雪子ならサクヤと別にもう一つ、
モコイさんなどのペルソナを付けることが出来ました。

ちなみに「善」と「玲」は二人で1キャラ扱いなのですが、
ペルソナはつけられませんでした。
その代り「善」は攻撃、「玲」は回復補助のアビリティを習得していくので、
戦況にあったスキルを選択することが出来ました。

ペルソナはストーリーを進めると合体合成が出来るようになりました。
またすれ違い通信もできるようになるのですが、
それは具体的に何がゲームに反映されるのかわかりませんでした。
すれ違い通信の解放時にはあの娘が登場…夏にはアニメ始まるしテンションあがったw


自分はゲームの難易度はEASYを選んだのですが、
それでもシャドウの攻撃が痛い時がありました。
P4の時の弱点覚えてると結構有利なんですが、
もううろおぼえで…

ちなみに途中で難易度は変えられるのですが、
「RISKY」モードだけは難易度途中変更不可、
強敵(F.O.Eだったかな)のエスケープも出来ないと書いてありました。

難易度はどれを選んでもストーリーは変わらないらしいので、
好きな難易度で始められるのは嬉しい仕様です。


最近自分はゲームといえばFF14ばかりなんですけど、
久々にRPGでワクワクしています!

楽しみが増えたので、体験会当選してよかったです!

拍手[1回]

↑page top↑