忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

あゆみの徒然日記2

旧ブログから全記事引っ越し完了!
基本Twitterが主力。
気になったものは見つけたら即つぶやきます。
twitterアカウントは @ffayu
teitterログはここをクリックして見れます。(リプなしログ)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年 10月 20日|comment(-)

ペルソナQ体験会(東京2日目)に行ってきました!

世界最速!と言われてますが、
既に「名古屋、東京1日目」の体験会が行われているので、
最速プレイではないのですがw

本日東京2日目の体験会に当選することが出来ました。

最近はFF14ばかりでしたが、
ペルソナQをガッツリ5時間プレイしてきました!

といってもネタバレとゲーム写真はNGだったので、
概要とシステムの所感だけ書いていこうと思います。


都内某所の貸スペースで行われた体験会。
会場はペルソナQ一色で彩られていました。
(写真はクリックでちょっとだけ大きく見れます)



上の写真の椅子とテーブルが体験スペースです。

各席は抽選で、隣の人などを気にせず
広々とプレイが出来ました。
参加者は10数名といったところでした。

こちらは先着購入特典のCDのサンプルの裏表。


開いたところ。



このデザインとってもかわいいですね。

ちなみにゲーム中の音楽は
(注:P4パートだけしかプレイしていません…)
P4のオリジナル&新曲が混在。
音楽の世界観もそのままだったので違和感なくプレイが出来ました。
目黒さんの音楽ホント好きだな…


さて、ゲームの方ですが、
画像が無いのでイメージとしては、
こちらの最新のPV見てもらった方が良いかも。


私はP4しかキャラが分からないので、
P3ルートではなくP4ルートで始めました。
また世界樹もプレイしたことがありませんので、
その辺り知っている方は変なレビューと思われるかもです。
ご了承ください。


私がプレイしたのは最初のダンジョン「不思議の国のアナタ」の3層途中まで。
大体1層をマップ埋めをしていると、
戦闘なんやらで1時間はかかる感じです。


えっと、「不思議の国のアナタ」というのは、
八十神高校文化祭にある出し物喫茶の名前なんですけど、
PVにもある時計台の出現に伴い、
異世界(?)になった高校の出し物喫茶に行ってみたら、
シャドウが出るダンジョンと化していたので、
更に進んでみんなで調べようという流れ。

またこのダンジョンでペルソナQのオリジナルキャラ、
「善」と「玲」に出会います。
彼らもこの異世界からの脱出を試みていたので、
P4メンバーと行動を共にすることになります。
公式のキャラ紹介にある記憶うんぬんはこの時に語られます。


プレイ開始からの冒頭20分位はストーリーの導入なので、
P4キャラがしゃべるしゃべる。
もう微笑ましいし、懐かしいし、
完二、陽介はいじめられキャラだしw
ああ、P4って青春だよね、みたいな。

とにかく主要キャラは全員しゃべります。
スキップ機能はありますが、
キャラ同士の会話はじっくり聞いてしまいますw

ちなみにバックログ機能もあるので、
うっかり飛ばしてしまっても、
バックログでたどったり音声再生も可能でした。

選択分岐もあるみたいだし、
セーブして各会話を聞きたくなってしまいます。

それからセーブはメニューからOKですが、
ダンジョン中は中断セーブのみで、
再開したら中断セーブ消えるパターンでした。


ストーリーパートは上画面のみで、
下画面で一応タッチペン(送り)も使えますが、
タッチ箇所が決まっているので
基本はオート再生かボタン操作が良いのかなと思いました。
ここ、のちのダンジョンパートで面倒になります…


ダンジョンですが、
上画面にダンジョンが3D表示されます。
キャラは表示されません。
懐かしいメガテンのダンジョンですねw

で、下画面にはマッピングが表示されるようになります。
(話を少し進めると出来るようになる)

マッピングは上記のPVにも紹介があります。
マップ埋めは大変だけど楽しいです。
マップ100%じゃないと開けられない宝箱もありました。

また、2層ではゲームコイン(DSの機能)を使わないと開けられない宝箱もありました。

オートマッピングはルートのみなので、
扉、階段、行き止まりや一方通行の抜け道などは
自分でアイコンを設置して見やすくしていく感じです。
自分のメモマップを作っていくのは結構楽しかったです。

ですが、ダンジョンの移動は右手のボタン操作、
マッピングのしるし付けは右利きでタッチペンなので、
3DSを持って操作しつつ、
気になったところはペンでマーク…
DSを持ったり置いたりが面倒でした…
(単に自分が持ちながらマークするのが出来ないだけなんですけど ><)


戦闘ですが、
P4の戦闘とほぼ変わらずですが、
話を進めると今回は番長だけではなく、
陽介たちサブキャラもペルソナを2つ付けることが出来ます。

例えば雪子ならサクヤと別にもう一つ、
モコイさんなどのペルソナを付けることが出来ました。

ちなみに「善」と「玲」は二人で1キャラ扱いなのですが、
ペルソナはつけられませんでした。
その代り「善」は攻撃、「玲」は回復補助のアビリティを習得していくので、
戦況にあったスキルを選択することが出来ました。

ペルソナはストーリーを進めると合体合成が出来るようになりました。
またすれ違い通信もできるようになるのですが、
それは具体的に何がゲームに反映されるのかわかりませんでした。
すれ違い通信の解放時にはあの娘が登場…夏にはアニメ始まるしテンションあがったw


自分はゲームの難易度はEASYを選んだのですが、
それでもシャドウの攻撃が痛い時がありました。
P4の時の弱点覚えてると結構有利なんですが、
もううろおぼえで…

ちなみに途中で難易度は変えられるのですが、
「RISKY」モードだけは難易度途中変更不可、
強敵(F.O.Eだったかな)のエスケープも出来ないと書いてありました。

難易度はどれを選んでもストーリーは変わらないらしいので、
好きな難易度で始められるのは嬉しい仕様です。


最近自分はゲームといえばFF14ばかりなんですけど、
久々にRPGでワクワクしています!

楽しみが増えたので、体験会当選してよかったです!

拍手[2回]

PR

ライドウ進捗

ライドウは三章まで来ました。
レベルは23で17時間ほどやってます。

そうそう、戦闘の音楽が前作と違ってるんですが、
PVのアレンジのとも実は違います。
PVの前作アレンジ曲は 修行場で聴けました。
前作の曲好きだったのでこれはうれしい★
クロニクル買ったからおまけがサントラじゃなかったんですよね。
サントラ聴きたいなぁ・・・

拍手[0回]

ライドウに夢中

ディシディアの情報がないので、
すっかりライドウをやっています。

でも勇なまもやってますよ。
一応「3-4」までは行けるようになりましたが、
3-5で持ち手がなく…

そういえば2章の終り(3章のはじめ)にFF1ネタが出てきます。
「かぜはやみ…」相変わらずギリギリネタが楽しくてしょうがない(爆)

ネット(ディシディア)→ライドウ→勇なま→ネット…
を繰り返す今日この頃
(他に趣味はないのか…(^_^;))

ライドウは12時間程やってますけど、
未だ2章の序盤。

ネット見ると攻略wikiなんかほとんど完成してて笑う…
みんな早いなぁ…
とりあえず初回はなるべくwikiには頼りたくないんですが、
小ネタはチェックしちゃうんですよね。
前回も結構あったし、今回「別件依頼」イベントもあるんでつい…

今回のアバドンは前作の超力兵団のセーブデータを若干参照するみたいで、
前作の仲魔がレベルにあわせ向こうからやって来てくれます。

でも多分能力値はデフォ…
育てたやつそのままという訳ではないです。
でも交渉の手間が省けるので、
これは嬉しい特典です。

で、(前作ウロ覚えなんですけど…)
今回から悪魔はMP消費じゃなくて、
ライドウのMAGを消費して魔法を使います。
なのにMAGはこれまでは戦闘後に貰えたのに、
戦闘中に敵の弱点を突いて奪う形です…
つまり戦闘終了後に貰える訳ではありません。

なので、弱点が突けないとMAGが補充されないので、
自然と魔法をセーブせざるを得ない…
少し戦闘が厳しくなったような気がします。

あと前作は悪魔の弱点を突いて、
無理やり仲間に出来たのですが、(管に吸い込む)
今回は交渉のみっぽい。
ただ、交渉に他の仲魔が干渉出来るので、
結構会話も楽しかったりします。

相変わらず探偵ごっこは楽しい。
調べたり聞き込みしたりは好きです。

なのにDQ3は挫折しました。(始めて15分位で・笑)
↑知人に突っ込まれましたが、DQってそういうゲームでしたっけ?
なんか名前とか延々と聞かれて、
いきなりフィールドに放置されて、
迷ってたら棺桶引きずってたんですよね…
で、面白みが解らずDQとの縁は切れました…
私はFF派ってことで(笑)

そんな訳で、来週はもっとディシディアネタ書きたいなぁ…

拍手[0回]

↑page top↑