忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

あゆみの徒然日記2

旧ブログから全記事引っ越し完了!
基本Twitterが主力。
気になったものは見つけたら即つぶやきます。
twitterアカウントは @ffayu
teitterログはここをクリックして見れます。(リプなしログ)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年 08月 18日|comment(-)

FF-TCG MASTERS2013 FINAL & THE AFTER の観戦に行ってきました

7月13~14日の両日、新宿のSQEX本社ビルにて
FF-TCG MASTERS2013 FINAL & THE AFTER
の決勝トーナメントが開催され観戦にいってきました。

会場は2月のファンイベントと同じ場所です。
ファンフェアの記事はこちら

MASTERS2013は、今回のイベントのクイズ問題にもなっていましたが、
1月から7月の間に全国各地で30回の予選トーナメント開催されていました。

FINAL」は、各地の優勝者30名によるスタンダート構築(※1)の決勝トーナメント。
THE AFTER」は、各地の上位入賞者約200名による限定構築※2)の決勝トーナメントになります。
(今回のTHE AFTERの最終出席参加者は120名だとか…)


※1:リリースされているすべてのFFTCGカードから50枚を構築したデッキ
※2:Chapter9,10の収録カードとプロモカードPR-054~061から50枚を構築したデッキ

つまり今回は全国のFF-TCG猛者から1番が決定する大会となります。

また、各地の予選会場と同様に、
決勝大会と並行してサイドイベントも開催されていましたので、
ゆるくプレイをしてみたい、
FF-TCGってどんなゲームなのか知りたい、
という方にも楽しめるイベントとなっていました。

さて、ゆるプレイヤーの私には、
ゲームの詳細を語る力量は無いので、
会場の雰囲気などをゆるくご紹介させていただきます。

今回はSQEX本社での開催という事もあり、
観戦には事前申込みが必要でした。
受付後はこちらのパスを下げて会場に入場。
(クリックでTwitpicへ)

会場内の雰囲気はこんな感じ。

中央にはFF-TCGのフラッグがありました。


トレジャーキャンペーンの景品交換も受け付けています。


モニターにはこれまでの優勝者が映し出されています。
逆側の壁には、これまでリリースされたカードが展示されています。


こちらは赤がFINAL、青がTHE AFTER の上位者に渡される
トロフィーと副賞のカードファイル。

上記写真のカード展示ですが、
すべてがプレミアム版の展示となっています。

なかでも公式サイトでは現在のところ未掲載の8月以降のPRカードも3枚展示されていました。
(クリックでTwitpicへ)
(クリックでTwitpicへ)
(クリックでTwitpicへ)

こちらのカードについては詳細が記載されていなかったのですが、
恐らくFF3の天野さんイラストは、
2013年後半に開催される全国予選で配布されるPRカード、
ウォーリア・オブ・ライトヴィンセントは、
8月の公認店舗大会で配布されるPRカードだと思われます。

こちらは今回の来場者に配布された
お土産の(カード収納用)ストレージボックス。
(クリックでTwitpicへ)

そしてこちらはFINALとTHE AFTERの大会に
プレイヤーとして出場された方への参加賞のストレージボックス。
(クリックでTwitpicへ)

エースと違って「MASTERS2013 FINAL& THE AFTER」の記載があります。
※ユウナはサイドイベントの上位賞景品としても配布がありました。
どちらも非売品なので、
基本は会場に来られた方のみの特典となります。

しかしながら今回はこちらのユウナのボックスを、
Twitterでフォローさせていただいているプレイヤーさんより
ご厚意でいただいてしまいました!
(かぐらさん本当にありがとうございました!)

そして、両日とも決勝ラウンドの前に
FF-TCGクイズ大会」が開催されました。

こちら2月のイベントでも好評だった名物コーナーですが、
なんと今回も景品にはデザイナーさんのサインカードが!

興奮でブレブレですがw
FF零式 クイーンには「野村哲也さん
FF12 ヴァルフレアには「吉田明彦さん
FFTA ホワイトモンクには「伊藤龍馬さん
のサインが書かれています。


また、今回はこちらの「MASTERS 2013 スタッフTシャツ」も景品に!
これってすごくレアだし、
プレイヤーとして参加された方ならば
ぜひ記念としてほしい一品ではなかったでしょうか?

Tシャツには開催地の日付が記載されています。

さて、クイズはFF-TCG(カード)に関する問題を〇×で答えるのですが、
2月よりさらに難しくなっていましたw

覚えているものをいくつか…
(ウロ覚えなので表現が異なる場合があります)

・FF1&2アドバンスのイラストに記載されているマリリスの腕の数は6つ?

・おなじくティアマットの首は6つ?
こたえはこちらを参照

・PRカードではじめてのバックアップは「PR-022リディア」である?

・出展がFF5のバックアップで一番コストが高いのは3-072C 黒魔道士 である。
こたえはこちら

・出展がFF6のカードにEXをもつカードはいる?
こたえはこちら

・5-148U リルムのテキストの中にPアイコンは3回記載されている?
こたえはこちら

・1-109C ケットシー のジョブ名は「猫」である?
こたえはこちら

・PR-016 スコール が配布された大会名は「エスタカップ」である?
こたえはこちら

・カード名にチョコボがつくカードが存在するのは火と風属性のみである。
こたえはこちら

・ジョブが「ルシ」という名のフォワードのHPはすべて9000である?
こたえはこちら

・9-073U マヤコフ のテキストの中に「踊り子」という表記は4回記載されている?
こたえはこちら

・PR-037 マート のSアビリティの名前は「神道流熊殺し」である?
こたえはこちら

・PR-038 モーグリ [XI] のSアビで先に記載されているのは「ひきだす」である?
こたえはこちら

・PR-056 レオ のカードにはスティルツキンがいる?
こたえはこちら

・10-084C ウァルトリール のジョブ名は「師匠」である?
こたえはこちら

・PRカードで一番多いジョブ名はクラスゼロである?

・PR-021エース が配布された大会名は「朱雀杯」である?
こたえはこちら

・4将軍という名のジョブを持つカードは4枚のみである?

・アクセサリ「ザイドリッツ」のサブタイトルは「腕輪」である?
こたえはこちら

・カード名の横に一般アイコンがついている場合、そのアイコンは枠の中に納まっている?
(はみ出していない?)

・全てのカードの中で一番多いジョブ名は戦士である?

・これまでリリースされた「背徳の皇帝マティウス」という名のカードのコストを全て合計すると13になる?

・2つの属性でそれぞれ存在している召喚獣はオーディンとアトモスだけである?

・初めて公式コラムでカードレビューを記載したのはCapter5の発売時である?

こたえはこちら

・FF-TCG ChapterⅩ発売記念キャンペーンで配布しているライトニングデッキにはRカードが7枚収録されている?

・ ChapterⅩのトレジャーカードキャンペーンの名称は「FF-TCG ChapterⅩ発売記念キャンペーン」である。
こたえはこちら

リンクが付けづらかったものは答えを割愛しました。
数問思い出せないのですが、
多分各FFタイトル出典に絡んだ問題が1つは出ていたように思います。

作成された「景山さん」には感服いたしますねw

私はプレイヤーとしては上手くもなく、向上心も無く…
どちらかと言えばFF好きだけで楽しんでいる
ゆるいプレイヤーです。

なので、FF好きという観点でしか語れないのですが、
FF-TCGのゲーム性は本当に奥が深く、
テキストなどは出典ベースでストーリーや効果、
キャラクターを再現しているので、
発売毎にどんなカードが出てくるのか、
楽しみにしています。

今後も各地で大会やイベントが開催されると思いますが、
好きなシリーズやイラストが目に留まることがあれば、
ぜひカードに書かれているテキストも読んでみてください。
ニヤリとすることが書かれているかもしれません。

リリースされているカードは、
こちらの公式サイトでもシリーズ毎に見ることが出来ますので、
興味を持たれたらこちらもご覧ください。

拍手[0回]

PR
2013年 07月 15日FF-TCG|comment(-)

コメント

フリーエリア
↑page top↑