忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

あゆみの徒然日記2

旧ブログから全記事引っ越し完了! …だけど書いてない(!?)イベント記事もあるようなので、 随時写真を漁って補完します。
旧ブログ(2012年8月までの過去記事)はこちらにも残しています。↓
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/ffnoayumi(あゆみの徒然日記)
基本Twitterが主力。
気になったものは見つけたら即つぶやきます。
twitterアカウントは @ffayu
ログはここをクリックで見れます。(リプなしログ)

FF10HD&LRFF13 合同のクリエイターズイベント【東京】に行ってきました

本日14時から
ヤマダ電機 LABI1池袋 モバイルドリーム館
にて行われたイベント。





私は10分前くらいに到着したのですが、
まだ整理券をもらうことが出来ました。

会場内のPOP



告知がTwitterのみだったためか、
以前同会場で開催された「FF13-2&FF零式イベント」より
会場内に余裕があったように思いました。


14時ちょうどに両作品のプロデューサー北瀬さん
LRFF13のゲームデザイナー澤田さんが登場。
司会は宣伝部の村上さんの進行で始まりました。




多分メディアが入っていたので、
詳細レポはそちらに記載されると思います…
なので、会場の流れだけ書いていきます。

まずはFF10HDのお話。
今回はもちろん画質のHD化による細部の編集
インターナショナル版だが日本語ボイスになっている、
サントラがアレンジされている、
HD化EDクレジットの際に10-2から1年後のボイスドラマ収録
といった点を細かく説明されていました。



インターナショナル版については、
当時は日本版を作ってから海外版を作る流れで、
大体半年かかるのですが、
その間に手の空いたクリエイターさんは仕事が無いのも勿体無い、
何かおまけ要素が作れないかということで、
インターナショナル版の追加要素が発生したそうです。
なので、手の空いてるクリエイターさんによって
追加要素の方向性が決まったりすることもあったとかw

また、会場ではサントラのアレンジにあたり、
シーモア戦のリアルプレイを鑑賞することが出来ました。
たしかにオリジナルよりアレンジが効いていて、
ピコピコ感よりメロディアスな印象を受けました。

シーモア戦は、裏でスクエニの女性スタッフの方がプレイされていたそうで、
召喚したシヴァ、バハムートが次々に倒れてしまい、
村上さんが「クリアできないんじゃないかとヒヤヒヤした
とおっしゃっていましたw


そしてLRFF13のお話。


こちらはTGSの試遊と同じのウィルダネスのリアルプレイがあり、
操作説明からチョコボイーター戦を観ることが出来ました。
チョコボイーターを倒し、
白チョコボのムービが入るところで突然画面が別のカットへ。
ネタバレはNGという事で突然の画面切換に村上さんも
良いところで無慈悲だね…」と会場のみんなの気持ちを代弁w

今回FF13-3ではなくLRFF13というタイトルにしたのは、
続編だけど、LRFF13からプレイする人も入りやすいようにとのことで、
世界観やシステムも一新していったそうです。

なので、ロゴも「FAINAL FANTASY」にナンバリングを付けるものではなく、
新たなロゴが必要になり、当初は社内公募をしたそうです。

こちらが没になったロゴの一部。


北瀬さんは右上のロゴが良かったかも…
とお気に入りのご様子でしたw

つづいてFF13の制作について。
当初は「クリスタル神話」が基にあり、
シナリオライターの野島さんと話をまとめていいたとのこと。

こちらが当時の資料。
2004年の記載が…


また、ライトニングというFFナンバリングでは初の女性主人公を採用した話について。
(FF6にティナがいますが、FF6は全員が主人公ともいえるので…と補足あり)
このあたりはキャラクターデザイナーの野村さんと話して出来上がっていった、
強い女性を描いてみたかったとのことでした。


その後、各4つの世界観とコンセプトのお話と、
タイムカウントをする(世界の余命)ゲーム進行のお話を澤田さんが説明。
以下の画像には各世界のテーマも記載されています。



村上さんから
何気にネタバレであの人のシルエットがあるんですよ」と…
ホントだw









システムでは、
世界の余命をカウントすることで、
プレイ時間を拘束するという反面、
これまでのRPGにはない(システム)感覚でプレイできるのではないか、
また、ウエアの変更などメニュー画面では時間進行は止まっているので、
クリエイションの部分では何時間も遊んでしまえるくらい、
自由度が高くなっているのもオススメポイントという事でした。

北瀬さんからはLRFF13はイージとノーマル、
のちにハードモードが解放されますが、
まずはイージーモードのプレイをオススメしますとのこと。
イージーとノーマルの違いは、
戦闘後のHP回復が無いので、結構キツイそうです。

なので、まずはイージーでストーリを堪能し、
ノーマル、ハードへ周回してもらうと良いとのこと。
また、モードが違ってもストーリーの変化はなく
(FF13-2のような)追加のDLストーリーの予定が無いので、
このソフト(DISC)だけで話は完結しますとのことでした。

お話は以上で、今回LABI1池袋でゲームを予約すると
サイン入り販促ポスターを頂けるとのことで、
PS3版のFF10HDを予約してきました!
ユウナの顔左には北瀬さんのサインが入っています!


ちなみにLRFF13の予約ではこちらのポスターがもらえました。
写真は店頭にあったポスター。
プレゼント品には鳥山さんのサインが入っているそうです。
(私は某店舗の特典が気に入ったので…ヤマダでの予約は断念…)


おまけで店内のGoTHEREキャンペーンのPOPと
スクエニコーナーのLRFF13のディスプレイ。




そしていつもの。
こちらにも北瀬さんにサインを頂いたんですけど、
準備にテンパってユウナのカードじゃなくて
DDFFのライトさんにもらってしまった…(汗)


いよいよ3週間を切ったLRFF13、楽しみになってきました!

拍手[5回]

PR

コメント

フリーエリア
↑page top↑